bar
bar
  電話による面談だけで受任できる場合

 Q1 電話による面談だけで受任出来るの?


A1 お客様の住所、就業状況、家庭環境、健康等を総合的に判断
     し、「弁護士事務所へのアクセスが一般的に困難」と認められ
     る場合には、電話による面談だけで受任できます。


    日弁連は、債務整理規定準則を定め、債務整理事件受任にあたり
    、「受任弁護士による個別且つ直接の面談」を、各弁護士に要請し
    ています。

    ただ、相談者の中には、仕事や健康問題から、弁護士事務所を直
    接訪問することが困難な場合が予想され、そういう場合には、電話
    等による面談だけで受任することも可能です。これを禁止すること
    は、依頼者の弁護士へのアクセスを不当に制限することになるから
    です。

    ただし、電話による面談だけで受任が可能なケースは、相談者が一
    般的に弁護士にアクセスすることが困難な場合だけ
に限られます。
    地元の弁護士事務所に行くのが面倒だから、当事務所に電話
    だけで依頼したいということは認められません。


    具体的には、
    「地元の法律事務所に行くこと自体が難しい」
    という場合は、当事務所による電話面談が可能です。
    たとえば、
    ? 交通手段が限られていて弁護士にアクセスすること自体が難し
      い方。
    ? なかなか休みを取ることができない、
    ? 寝たきりの配偶者を抱え家を離れることは難しい、
    ? 地元の弁護士会には、いろいろな事情があって依頼しづらい
    ? 地元の弁護士事務所を何軒か回ったが、報酬や業務方針をめ
      ぐって納得できない、
      等の場合は、電話による面談だけで受任できます。

    電話による面談だけで受任できるか否かは、当事務所において判
    断させていただきます。また、場合によっては、診断書等の提出を
    求める場合があります。