個人の債務整理

任意整理・自己破産・個人民事再生
弁護士による債務整理とは、多額の借金を負った方が、主に生活苦から、このままでは返済が困難なとき、弁護士に依頼して借金の負担を軽減もしくは、免除してもらうことで、生活の再建を可能にする手段です。
手続きとしては、主に「任意整理(和解)」 「自己破産(破産・免責)」 「個人再生」の3種類があります。
弁護士との面談のポイントは、3つの方法のうち、どれを選択するかです。
3つの方法には、それぞれ長所・短所があり、弊所は、お客様と相談して、最善の方法をご提案させていただいております。

任意整理
個別に債権者と弁済方法を協議し、支払えるように弁済計画を組み直します。資格制限もなく資産を失うこともなく、債権者との個別事情が配慮でき、官報に搭載されることもありません。反面、利息制限法による引き直し計算をした債務全額を、3〜5年で全額返済しなければならず、今後の生活を圧迫します。

自己破産
裁判所に破産の申立をして破産宣告と免責の決定をもらいます。非免責債権を除く全ての負債が返済不要となります。反面、自由財産を除く全ての資産を失い、資格が停止されたり、官報に名前が掲載され、また、個別の債権事情を考慮してもらえません。

個人民事再生
住宅ローンは全額支払い、非免責債権を含めて他の借金は原則として5分の1に減額する制度です。住宅を確保できますが、債権者との個別事情は考慮されず、また、申立人に安定的な収入があることが要件となります。


弊所に依頼されるメリット
依頼されれば直ちに介入通知をだし、金融業者からの請求を停止させます(同時に所謂ブラックリストに載り、今後の借り入れができなくなります)。
費用は、分割払いが可能です。

弊所の特徴
1,弁護士による充実した法律相談
個人の債務整理は、最初の面談がポイントです。ベテラン弁護士が、最善の方法を提供します。
2,日弁連の債務整理準則を厳守する適正な処理
個人の債務整理は、一部の法律事務所の処理方法が社会問題化したことから、日弁連が債務整理準則を定め、業務の適正化を図っています。弊所は、この準則を厳守して処理を行います。
日弁連の債務整理準則は、以下に記載があります。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/cost/legal_aid/saimuseiri.html